下風呂温泉 海峡の宿 長谷旅館

古くから文人たちにも愛されてきた

「海峡の宿 長谷旅館」は明治4年創業の

(下風呂温泉の中で一番古い)老舗温泉宿。

 

「ああ、湯が滲みて来る。本州の北の果ての海っぱたで、ゆきの降り積もる温泉旅館の浴槽に沈んで、俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる。」

文豪 井上靖が昭和34年に

         執筆した『海峡』の一説である。

 

井上靖先生がこの旅館で『海峡』の終局を執筆したことで有名で、今もその部屋が当時の装いのまま残っていて、運が良ければその部屋を利用することができる。

むつ市方面から下風呂温泉郷に入ると一番手前にある旅館で、

旅館の中では古き良き時代の風情を感じることができ、

主人がおっしゃる「田舎の素朴な温泉宿」を堪能できる。

「古い宿です」といいながら清潔感があり、古さを感じない。

 

七代目女将さんは料理について「都会では味わうことができない、この土地ならではの食材・素材そのままの味を楽しんでいただきたい。」とおっしゃる。

☆ 下風呂温泉 海峡の宿 長谷旅館 ☆

■温泉 大湯系

■和室 15

■標準料金(消費税・入湯税150円込)

9,600

10,650

12,750

■駐車場 無料

■外国人受入可

 

■住所 青森県下北郡風間浦村下風呂字下風呂75

■電話 0175-36-2221

■チェックイン  1500

■チェックアウト 1000

■自社HP http://www.burari.biz/yado/262haseryokan/

 当HPの紹介ページ 

http://www.shimohuro.com/宿泊施設のご案内/海峡の宿-長谷旅館/